読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての一人暮らしでネット回線をつなぐ時に知っておきたいこと

スポンサーリンク

就職するにあたって、一人暮らしを始める方は多いと思います。

僕も先日から一人暮らしを始めました!

とはいっても社員寮で、同期がたくさんいるのであまり実感はないですが^^;

 

一人暮らしを始めるとなると色々と準備が必要になりますが、その中でもネット環境をどうするかというのは重要です。

ネット回線をつなぐために、色々と調べたのですが、

調べてみてわかったことと、どうやってつなぐことにしたかを書き残しておきます。

参考にしたサイトも最後に載せておくので、そこだけ見るのも良いと思います。

 

f:id:sakuma111:20160403043817j:plain

   

   

そもそもネット回線とかよくわからない

ネット回線をつなぐ以前に、「そもそも回線って一体なんなんだよ?」という感じで、

ピンと来ない方もいるかとおもいます。

正直、僕も今まで回線を繋いだことがなかったので、どういうものかよくわかりませんでした。

プロバイダとか回線とか専門用語っぽいのでまくしたてられたら、

もう面倒になります笑

なので、ここではネットをつなぐために、どんな選択肢があるかを見ていきます。

 

プロバイダとは?

プロバイダとは「インターネット・サービス・プロバイダー」の略称です。

プロバイダは、他の家と識別するための番号を一つ一つに割り当てます。

この番号をIPアドレスと呼びますが、これはネット上での住所のようなもので、

ネット回線とIPアドレスの2つがそろってネットができます。

 

回線とは?

インターネット回線とは、自分のパソコンや携帯をインターネットにつなぐためのものです。

そして、ネットにつなぐ回線には大きく分けて2つの種類があります。

固定回線とモバイル回線です。

順に見ていきます。

 

固定回線

1 光回線

最も高速で、安定しています。

自宅で頻繁にテレビを見る。

オンラインゲームをする。

大きなデータのダウンロードをするなど、ネットをヘビーに使いたい人に向けた回線です。

一人暮らし必見!インターネット契約で知っておくべき全知識

2 CATV(ケーブルテレビ)

 ケーブルテレビとは、テレビを見るために必要な信号を送るためのものです。

これがあればアンテナなどは不要になりますが、このケーブルを利用してネットの信号もも一緒に繋ぐことができます。

光回線よりも遅いですが、ADSLよりは早く、安定しています。

一人暮らし必見!インターネット契約で知っておくべき全知識

ケーブルテレビ(CATV)

3 ADSL

昔からある回線で、NTTの固定電話を利用していること、

また専用のモデムと呼ばれる機器が必要になる。といった点があり、

NTTの基地局から離れていると速度が遅くなることも。

NTTの電話回線を利用していれば工事することなく手軽に始めることができます。

最近では光回線が出てきたこともあり、主流ではなくなっているようですね。

 

 

 

モバイル回線

デザリング

スマートフォンにはテザリングと呼ばれる機能が付けられており、

この機能を利用してパソコンをネットにつなぐことができます。

実は今この記事を書いている時点では、まだポケットwifiが届いていないので、まさにこのテザリングを利用中。

 

どこでも使えることがメリットですが、

スマートフォンのバッテリーの消費が激しくなることと、

携帯の通信量がかなり大きいことがデメリットです。

なので、動画を見ない、オンラインゲームをしないという、ライトなネットの使い方をするのみに留めておくのが良いです。

 

しかし、スマートフォンはいつでも持っているので、すでに書いたようにどこでもネットに使えることと、固定回線のように工事の必要はありませんし、モバイルルーターのように専用の機器も必要がありません。

外出先で急にネットに繋ぐ必要があるときなど、ピンチの時に重宝するでしょう。

 

モバイルルーター

導入が簡単で、先にネット接続がされているので、送られてきた時点で利用することができます。プロバイダとの契約も必要ありません。

小さな端末なので持ち運びができるのも強み。

スマートフォンのパケット契約を切り、

モバイルルータを通してネットにつなぐと、

通信料の節約にもなります。

 

一人暮らしにオススメなのは?

モバイルルーター

一人暮らしにオススメなのは、モバイルルーターです。

動画も見ることができますし、通信制限のないものも存在します。

小さな端末で持ち運べるため、外出先でいつでもネットにつなぐことができます。

研修期間中の間だけ、社員寮に住んだりという人もいるでしょう。

配属先が決まって再び引っ越すことや、

固定回線のように工事費が無いことも考えると、

やはり新社会人の一人暮らしにはモバイルルーターが一番現実的な選択と言えます。

 

光回線

一人暮らしと言えども、当分の間は引越しをすることなく、ネットもかなりヘビーに使いたいという人は光回線もオススメです。

やはり速さと安定さは重要です。

僕はモバイルルーターにしましたが、配属先で仕事に慣れてきて落ち着いた頃に、光回線にしようと考えています。

 

オススメの契約プラン

 ここからはオススメの契約プランを紹介します。

先に、契約するときに不安だった部分をまとめておきます。

特にお金のことが多いです。

細かくて読むのが辛いですが、気になると思うので少しだけ我慢してください。

契約期間

最近、ケータイの2年契約縛りが問題となっていますが、

モバイルルーターも2年契約や4年契約の縛りがあるものが多いです。

解約できるのは所定(2年後か4年後)の1ヶ月間のみ。

それ以外での解約は1~2万円の料金が発生することに注意してください。

ギガ放題

通信量無制限で利用することができるサービスです。

通常プランより約700円程度高くなりますが、一ヶ月の通信が無制限になります。

ただし、3日で3GB以上の利用があると制限がかかります。

3GBは、スマホでyoutubeをみると12.5時間

パソコンの高画質でyoutubeをみると5時間にあたります。

速度制限がかかると、

1,2,3日で制限がかかった場合、5日の昼まで制限されます。

次に、2,3,4日の3日間で3GBを超えていなければ5日の午後から制限が解除されます。

手数料

月々の通信量とは別に、購入時に別で3000円程度必要になることがあります。

サポート

通信量とは別に、端末が壊れたときの補償サービスがあります。

契約時に同時に登録すると別でお金がかかります。

 

 UQWiMAX

UQフラットツープラス ギガ放題

通信料4380円/月

新規契約で最大3ヶ月間3696円に割引

 

注意

2年契約縛り

申し込み時に登録料3000円、

JCBギフトカード1万円のプレゼント

 

 U-mobile*E

 さんねんデータプラン+

通信料4380円/月

1年間は2980円/月に割引

注意

3年縛り

サービス開始月に登録料約3000円

通信制限7GB

 JCB商品券1万円のプレゼント

 

 最後に参考にしたサイトへのリンクを貼っておきます。

巡ってみると色々わかると思います。

 

一人暮らし必見!インターネット契約で知っておくべき全知識

一人暮らしのインターネット回線人気ランキング2016年版

引越し時に参考にしたい、プロバイダ・ネット回線を乗り換える一人暮らしのインターネット料金節約術 | 株式会社LIG

一目で見やすい!おすすめのモバイルルーター比較ランキング2016ver | サクッと光

おすすめ!モバイルWifiルーターの得する選び方

これから一人暮らしする人のためのネット環境おすすめランキング5 | サクッと光

⑦ インターネット回線の種類と特徴

 

 

広告を非表示にする