アルバイトは時間の切り売り

スポンサーリンク

こんばんは。

久しぶりに更新します。

未だ方向性のあやふやなこのブログですが読んでくれている方はどうもありがとうございます。

多くの学生がアルバイトをしていると思います。飲食のホール、キッチン、塾の講師、イベント系、他にもたくさんたくさんアルバイトはあるわけですが、

アルバイトは時間の切り売りだという言説もよく耳にするものです。

今回はそのアルバイトについて、思うことを書いていきます。

 

f:id:sakuma111:20151207015804j:plain

 

何のためにアルバイトをしているのか?

アルバイトというものを考えるときに、どうしてアルバイトをするのか?

という動機にあたる部分を考えることは大事だと思います。

 

何のためにアルバイトをするのか?

お金のためですよね。

 

何のひねりもないつまらない答えだけど。これ以外にないから仕方ない。

でも今は、居酒屋でホールやったり調理したりしているけど、実は個人的にはもう一つ理由があります。

おっさんと話ができるようになりたかったんです笑

就活に役立つかもと、意識高め(笑)な考えで始めたんです。

 

そしたら同年代の初対面の学生よりも年の離れた初対面のおっさんの方が話しやすくなってしまったけど笑

 

 

 

 

アルバイトは時間の切り売り

アルバイトは自分の時間を使ってお金に変えるもの。

友達と遊んだり、サークルに参加したり、良いものを食べたり、旅行をしたり、お金の使い道はいくらでもあるけど、多少の贅沢をすることができます。

 

でも、実際学生がアルバイトに充てているのは日々の生活の中でどれほどの割合を占めているのでしょうか?

 

週4・5日で授業、朝9時から夕方4時頃まで、多少の差はあれど皆同じようなもののはず。そのあと、18時から23時までバイト、場所によっては深夜まで。

土日も合わせてフルで入るとすると、10時間前後。

一週間の時間を合計すると40時間。

毎日入ると辛いので減らして25時間としましょう。

平日に3日入って土日のどちらかでフルに入るくらいの時間です。

 

授業以外の空き時間を決めます。

0時に寝て、7時に起きるとして、

平日は16時から0時までの8時間が5日。

休日は睡眠時間以外の17時間が2日

全部合わせて70時間程度。生活リズムでかなり変わるけど。

 

このうちバイトの時間に充てている割合がいくらかというと、

25/70で3割くらいになるのかな?

 

ちなみに自由に使える時間はいくらかというと70ー25で45時間くらい。

多いのか少ないのか、今適当に決めたものだけど、意外にあるような気もする。

 

自分の時間を切り売りしてお金に変えているのは自由に使える時間のうち、約3割。

 

アルバイト以外の時間は何してる?

じゃあアルバイト以外の時間はどう過ごしているのか?

遊んでるのか寝てるのか、パズドラかパチンコか

一人で遊んでるのか誰かと遊んでるのか

 

電車の移動中の時間は?

学校での隙間時間は?

家に帰ってからは?

ご飯の前後は?

夜寝る前は?

 

振り返ってみるとどんなことしてるかを思い返してみるとどうでしょう?

特に何かをやったと、強い印象が無いならそれはただなんとなく過ごしているだけかもしれない。

 

アルバイトをやめれば自由に使える時間は増えるけど・・・

何をしよう?

アルバイトを辞めてもお金はそれまでの水準で同じように使えるとして、

増えた時間で何をしたい?

 

特にやりたいことがないなら、何しようが同じだと思うのです。

やりたいことがあるのが一番良いけど。

 

ちなみに、僕の場合はアルバイトを辞めて時間ができたら

ブログを書きまくりたいです笑

毎日更新したい。

 

でも辞めて自由な時間が増えたら、逆にだらだら過ごしてしまうとも思う。

だから暇な日がないようになるべく予定を埋めて、空いた時間でやらなければならないことややりたいことの時間をどうやって作るかを考えるようにしようと思いました。

意外と楽しい。

 

 

アルバイトを辞めたいとはおもわない。

色々と考えた結果、アルバイトを辞めたいとは思わないのです。

 

どうしてか?

自由な時間が増える事と、何かに取り組むかどうかは無関係だからだし、

アルバイト以外の時間を有効に使うことはできるはずだと思うし、

それにアルバイト先でできた友達もいるからです。

一緒にバイトして、時々どこかへ食べにいって、遅くなったら泊まったりして楽しいからです。

 

アルバイトが時間の切り売りだからやめておけなんていう人はそういうことも否定するのかな?絶対に良いことだってあるはず。

 

もしそういうものがないとして、やめたほうが絶対に良いというのなら、

すぐにでもやめるべきだとは思う。

 

 

まとめ

最初に、タイトルを読んだ人はアルバイトは時間の切り売りだから悪しきものであり、

即刻やめるべき。というような話を予想、あるいは期待したかもしれません。

 

確かにそうかもしれないけど、それは考え方によって変わると思う。

 

何のためにアルバイトするのか?

辞めたら良いことはあるか?

何かやりたいことはあるか?

得るものはないのか?

時間の使い方は良くできないか?

 

この記事がほんの少しでも考えるきっかけくらいになればと思います。

 

 

 

広告を非表示にする