読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富裕層の関心は税金だと思ったので今週はその勉強に費やす。

仕事 営業
スポンサーリンク

証券営業をしていると、

株を売りつけられる。なんていう印象があるために

かなり警戒されるし、邪険にもされる。

もちろん生きていくのに必須のものでもないわけだからそれはいいんだけど、

一応会社員だし、成績が数字で出てくるので、

他と比べて結果が悪いと、

教えてくれる先輩にも申し訳ないし。

課の上司にも申し訳ない。

同期にあいつはできないやつだと思われたくもないし、

何よりできない結果に対してめっちゃ腹が立つ。

 

だから、何としてでもこっちを振り向いてもらわないといけない。

とは言っても、本当に儲かるかどうかわからないものを

絶対儲かります。なんて嘘をつくことはしないし、

証券会社を利用してもらう以上、

また自分を信じてもらう以上、

何かしらのメリットは必ず受けて欲しい。

自分のためだけに変なものを売りつけるなんてことはしたくない。

 

そんなわけで、狙いは富裕層なわけで、

そんな方々に自分と人間関係を作る上でメリットになることはなんだろう?

と考えていたんだけども、

やっぱりいきなり株で儲かりますなんで、

もともとよっぽど興味のある人以外でノッてきてくれる人はまずいない。

他の部分で彼らのメリットになることはというと、

やっぱり税金関係じゃないかと今日考えていて思った。

 

最近はブームが過ぎ去ってしまったけど、

パナマ文書やタックスヘイブンなどでの話で

富裕層の税金逃れの話が盛り上がった。

テレビ、新聞、雑誌、ネット、

場所も媒体も問わずに大々的に伝えられたおかげで、

富裕層に対する不満がたくさん渦巻いているように感じる。

けども税金の多くは富裕層が払っていると指摘している人もいる。

 

その実態が具体的にどうなっているのか、というのはここではあまり関係ないので置いておいて、

累進課税制度が取られている日本では、年収が上がるにつれて所得税なんかもどんどん上昇していくという話はなんとなく聞いたことがある。

僕自身はまだまだ税金なんて気にするほど収入がないから気にしたこともなかったけど、

富裕層にとっては税金でいくら取られているのかというのは、死活的な問題になりうることもあるんじゃないだろうか?

 

その辺の話を、「税金を抑える方法がある。」という話をすると、

もしかしたら「何だそれ?」と食いついてくれる人はいるかもしれない。

だけど、そのためにはまず日本の税制度についてきっちり知らないといけない。

そんなわけで、今週いっぱいは日本の税制度について勉強する週にする。

 

経営者にはなかなか会うことはできないけど、

大きな家に住んでいて、車も何台か所持している個人宅もちらほらと存在する。

個人宅であれば、専業主婦をやっている奥さんがいることも多い。

夫に全部任せてるとか言われたらどうしようもないけど、

税金を抑えるために役に立てることをアピールすれば、何かしらの効果があるかもしれない。

 

 

 

広告を非表示にする