読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーレーンについて調べてみた

電力・エネルギー
スポンサーリンク

エネルギーに関することを書きたいと思います。

専門家というわけではないのですが、研究室のテーマであることと、自分のために知識を蓄えておきたいということで書いていきたいと思います。

今回のテーマはシーレーンです。

   

  

シーレーンとは?

シーレーンという言葉を、

聞いたことがある方は多いのではないかと思います。

僕自身、初めて知ったのは去年のことでしたが、

夏頃にタイムリーな話題として大きく盛り上がっていました。

色々と議論を巻き起こしていた、2015年の安保法案の大騒動の時です。

安保法案の必要性を説明するために、このシーレーンという言葉を用いて説明が行われ、テレビのニュースやネットでも大きく取り上げられました。

 

言葉の意味をWikipediaで調べると、

一国の通商上・戦略上、重要な価値を有し、有事に際して確保すべき海上交通路のことである。

となっています。

日本の場合は、生活をするためには現状、原油の輸入が必要です。

そのため、安全に原油が輸入できるかどうかが国家のエネルギー安全保障上では重要な問題であり、原油の輸入の航路がシーレーンとして重要視されています。

 

同じく 、wikiにある地図を見ると、

赤い矢印に沿って進む航路が日本のシーレーンです。

f:id:sakuma111:20160214080235p:plain

 

2015年の安保法案の審議では、

集団的自衛権を行使する場合というのは

「具体的にどのような状況の時か?」という質問に対して、

「ホルムズ海峡を機雷によって封鎖された場合」のことを想定していると説明されていましたね。

このホルムズ海峡とは、上の地図でいうと赤い矢印の根元の辺りにある海峡です。

 

 

チョークポイント

ホルムズ海峡のように、シーレーンの防衛をするために、

特に重要な場所である、水上航路のことをチョークポイントと呼びます。

ホルムズ海峡は日本が輸入する原油の大部分が通ると書きましたが、

もう一箇所、同じように多くの原油が通る場所があります。

上の図の右から3番目の矢印。マレーシアとシンガポールの文字の間にある部分です。

ここはマラッカ海峡です。

このマラッカ海峡も日本が輸入する原油の多くが通ります。

 

 

中国の南沙諸島の埋め立て

余談ですが、中国が南沙諸島を埋め立てているということも話題になりましたよね?

この南沙諸島の位置が、上の地図でいうと、右端の矢印と右から2番目の矢印の間にある、南シナ海の辺りになります。

 

この辺を中国に埋め立てられてしまったら、

原油の輸入が安全にできなくなる可能性もあります。

もし、原油輸入がストップしたら、

いくら備蓄があるとはいっても、日本はこれまでのような豊かな暮らしはできなくなります。

 

結局、最後の方の法案審議では、

「安保法案は本当はホルムズ海峡なんかじゃなくて、中国の南沙諸島の埋め立てに対する牽制の目的があるだろ。」

というようなことも言われていましたね。

2015年の10月には、

米国が艦船を派遣すると報道されていましたが、現在はどうなっているんでしょうか?

 

日本の原油輸入の現状

日本は原油をどのくらい輸入しているのか?

エネルギー白書から見てみます。

f:id:sakuma111:20160214083631p:plain

13年度の原油の輸入比率は99.7%です。

びっくりするぐらい原油に頼りきっています。

 

次。どこから輸入しているのかです。

同じくエネルギー白書からです。

f:id:sakuma111:20160214084006p:plain

 

サウジアラビアを始めとして中東からの輸入が多いですね。

2013年度の中東からの原油の輸入は、83.6%になっています。

日本が輸入する原油の大部分が始めの図にある、シーレーンを通ってやってきます。

ホルムズ海峡とマラッカ海峡を通って。

これに合わせて南沙諸島の埋め立てなど、実際に起こるかどうかは別として、

どこか一箇所でも抑えられてしまうと日本の原油が輸入できず、

生活が危うくなってしまいます。

 

このため、中東への原油輸入の依存度を低くするために他の地域から輸入したり、

太陽光発電や風力発電を始めとする再生可能エネルギーを普及させたり、

省エネルギーを進めようという話になっています。

 

まとめ

シーレーンを通って多くの原油が日本にやってくる。

原油への依存度が高い今の日本の状況はとても危険。

原油に変わるエネルギーを確保するなど、

エネルギー問題をなんとかしなければならない。

というのが今回の結論として言いたかったことです。

 

 

今までこのブログで扱ってきた話題とは急に毛色が変わりましたが、

冒頭や前回の記事でも書いたように、

 

sakuma111.hatenablog.com

 

大学では電力・エネルギーについて勉強していたので、

このことについての自分の知識の確認と、

調べたことををまとめて上手く発信することができることに目標を置いて書いていきます。

内容の正誤には注意していますが、もし間違いなどあればご指摘をお願い致します。

 

ということで、就活と、本・映画の感想に、新たに電力・エネルギーのテーマを加えて、今後はブログを書いていくので宜しくお願いします。

読んでもらえると嬉しいです。

 

 

広告を非表示にする