読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活を始める前の学生に知ってほしい、就活で一番大事なこと

就活
スポンサーリンク

ES、面接、グループディスカッション、OB面接

何をどう準備すれば良いのかわからず、頭を抱えたくなるようなことはたくさんありますが、その中でも特に大事なものがあります。

これまで、やらなきゃいけないこととわかっているのに、

どうしても後回しにしてしまったことはありませんか?

テスト勉強をはじめとして人によって色々だと思いますが、

就活を後回しにしてしまう人は多いです。

去年、就活をしていて感じたのは、後から就活を始めた人ほど

就活は不利になるということです。

だから就活が始まる前の学生に知っておいて欲しいことがあります。

f:id:sakuma111:20160127185315j:plain

  

就活で一番大事なこと

それは、就活を始めることです。

何を言ってるんだと思うかもしれませんが、本当にこれが一番大事です。

初めの一歩目を動き出すことが、実は一番大事で、とても難しい。

やらなきゃいけないけど、面接とか自己分析とかよくわからないし、

筆記試験対策も面倒だし・・・

というように色々理由を作って動かずにいることがあります。

去年の僕もそうでした。

でも、それはとても危ない。

初めの一歩目が動き出せなくて一番怖いのは、

わからないことがわからないまま残される。ということです。

このわからないことがあるという状態はかなりストレスで、

そのまま時間が過ぎていくほど、就活を初めにくくなります。

 

テストの一週間前から時間はあったけど、だるいから放置していていたら前日になってしまった。勉強はやらなきゃいけないけど、前日からテスト勉強しても意味ないじゃん。と思ってしまうアレと同じです。

準備が必要なことはたくさんありますが、後回しにすれば後回しにするほど手がつけられなくなっていきます。

4、5月まで長引くと、今さらやっても意味ないだろ。

と自暴自棄のような気持ちになってしまいます。

そうならないためにも、できるだけ早く動き出さなければなりません。

 

何から始めたらいいか

就活を始めるのが何より一番大事と言いましたが、何から始めるのがいいかわからないという場合は、とにかく、他の何を差し置いても絶対にやって欲しいことは、学内説明会と合同説明会に参加することです。

 

自己分析はESを書く前でもいい。

筆記試験対策は最悪1週間前からでも間に合う。

面接やグループディスカッションなんて

練習しなくても回数をこなしていけばどうにでもなる。

でも、説明会に参加しなければ企業と接触が起こりません。

そのあとに続くものもなく、就活が始まらないのです。

だから細ごまとしたことよりもとにかく説明会に参加することが大事です。

それも多くの企業が来る学内説明会や合同説明会です。

 

学内説明会や合同説明会の参加が大事な理由

なぜ学内説明会や合説に参加するのが大事かというと、それは効率的に、そして楽に、受かりやすい企業の選考につながるからです。

 

この二つのうち、

合説は知らない場所に行くこともあって抵抗もあるかもしれません。

どちらかを選ぶとなれば、学内説明会の方が良いです。

学内説明会であれば、定期だったり下宿だったりで交通費はかからず、

初めて行く場所でもないので、行きやすいからです。

 

しかも学内説明会に参加する企業は、

自分の学校の学生を採用のターゲットにしているのも重要な理由です。

わざわざ取る気のない学校の説明会に参加する企業はありません。

逆に言えば、

わざわざ来てくれた企業は、その学校の学生を欲しがっていると言えます。

つまり、学内説明会に参加している企業の選考は受かりやすい。

 

もっと言うと、学内説明会の説明は、各企業の説明は30分〜1時間の間で終わります。聞きたい企業の説明だけを受けることができるし、途中で面倒になったら帰ることだってできます。

事前に参加している企業の名前だけをチェックしておき、気になる企業があれば参加。全く知らない企業ならちょっと検索してみて、それで興味がわけばそれも参加。というように決めておけば当日も動きやすい。そういう準備が面倒なら行ってみてから参加企業をみて決めるというのもありです。

 

さらに学内説明会や合説では、大抵の企業からエントリーカードをもらうことができ、そのカードに名前、学校名、メールアドレスを書くだけでエントリーをすることが出来ます。

このエントリー出来るというのが重要で、そのおかげで次の選考の情報がわかります。

すると、いつまでにESの準備が必要だから、ESに書くための自己分析は今のうちにしなければならない。

とか、この日が面接だからそれまでに面接の準備をしよう。

練習相手はキャリアセンターの人にやってもらうとして練習の日は・・・

という具合に日程が関わってくるので就活の準備をしやすくなります。

 

就職サイト上で企業を探す場合は、ネットに書かれていることだけで判断することになります。でも、大抵そういう情報は他の企業でも同じようなことが書かれており、何がどう違うのか判断することが難しいです。

学内説明会ならネットで探すよりも具体的で、そしてわかりやすくまとめられた情報を得られます。しかも自分の学校をターゲットにしているので、受かりやすい企業だけを効率的に選ぶことができる。

どうでしょう?

学内説明会に参加するだけで途端に就活が進めやすくなる気がしませんか?

 

まとめ

就活は初めの一歩を動き出すのが難しい。

でもそこさえクリアしてしまえば動きやすくなる。

だから初めの一歩目だけは自分でなんとかしなければなりません。

他の何をほっといてもいいから、まずは説明会に参加しよう。 

広告を非表示にする