読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月1日(水)就任一週間で、大統領令の発令回数がオバマ前大統領を抜いたそうです

今日の相場の動き

トランプ大統領が発したイスラム7カ国からの入国禁止や、

日本を為替操作国として批判していたりで、円高に動き、

相場も下がっていたのが、決算発表のシーズンで良い話しが舞い込んで来やすいことと、日銀の政策も現状維持のおかげで、株価の上昇が見込めないが下落もしそうにないことが、19000円前後で動いている理由になっているようです。

東証大引け、3日ぶり反発 好業績を評価し押し目買い :日本経済新聞

 

トランプさんは、対米黒字国などに対して批判を強めています。

槍玉に上がっているのが日本とドルの為替について。

円安誘導をしているとして批判をしているのは、遠回しに日銀の金融緩和をやめてほしいというメッセージが込められているというような受け止め方が大きいようです。

トランプ大統領の批判に対しての意見も良く見かけます。

日米自動車摩擦の再燃を回避したい :日本経済新聞

「日本は何年も円安誘導」 トランプ氏が批判 (写真=ロイター) :日本経済新聞

「トランプ大統領に対して正論は通じない。繰り返し主張していくしかない。」

というような話で大体締めくくられていますが、

なんとなく、トランプ大統領はそれらの話をわかっていないのではなく、

わからないふりをしているだけじゃないかと正直思います。

わからないふりをしておいた上で、無茶苦茶な要求を最初に出しておいてから、

「確かにお前のいうことも一理ある。」的な態度に改め、

後から譲歩したように見せかけて元々腹の中にあった要求を飲ませるようなやり方をしようとしているのかなと。

 

今日の日経平均は反発して終わりました。

2月3日に米国の雇用統計があるので、イベント待ちということで今週はもうあまり動かないように思います。決算発表シーズンなので、好決算の影響で個別株が上昇し、それにつられて動くことはあるのかも。

2月10日には、日米首脳会談がありますが、

そこで経済や貿易についても議題にあがるということなので、

日本にとって嬉しくないような要求をしてくるのかもしれません。

 

お客さんにめっちゃ怒られた話

こんばんは。

2017年も1月経ってしまいました。

油断していると、こんな感じで「気づけば30代。」

みたいなことになりそうなので、久しぶりに更新。

続きを読む

2017年にやりたいこと

久しぶりにお題をということで、今年初めのブログの記事は、

今週のお題「2017年にやりたいこと」です。

 

「念じる」という言葉は、という言葉が組み合わさって出来ています。

「今の考え方が正しければ、物事はうまくいくだろうし、

逆に今の考え方が間違っていればうまくはいかないだろう。」と、

ある経営者の方が仰ったそうです。

 

「一年の計は元旦にあり」ともいいます。

良い1年間を過ごせるように年の初めに目標を立てましょう。

今の自分の心というか、考えていることを文字にすることで、

目指すところをはっきりさせます。

続きを読む

12月27日 スピンオフ税制って?

今日の市場

日経平均は4日ぶりに反発。

利益確定売りが出ているものの、大きく下げそうな様子でもない雰囲気。

30日に向けて、「掉尾の一振」による大きな上昇はあるのかが気になります。

ちらっと聞いた話ですが、

ここ20年間の年末の日経平均の動きは、上昇していることが多いそうです。

年始の動きはどうなるのでしょうか?

東京マーケット・サマリー・最終(27日) | ロイター

続きを読む

半年間の営業で気づいた点をまとめる

これまで、短いながらも営業をしてきて気づいた点をまとめます。

年越しと一緒に記憶からすっぽりと抜け落ちることのないように

書き残しておこうと思います。

続きを読む